第2戦 武田 新フォーム納得

 CSファイナルステージ第2戦の先発が濃厚な武田も、首脳陣を安心させた。紅組の3番手として5回から登板。6回に2四球を与えたものの、レギュラー打線を相手に2イニングを無安打無失点に抑えた。「(指への)かかりがよくなった。抜ける球がなくなりました」。制球力アップのために森福を参考にしたという新フォームに、納得の表情を浮かべた。

=2014/10/12付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ