ホークス秋山監督、今季で辞任へ

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの秋山幸二監督(52)が今季限りで辞任することが14日、分かった。後藤芳光球団社長兼オーナー代行(51)が同日午後、ヤフオクドームで記者会見を行う。

 ソフトバンクは今季、3年ぶりにパ・リーグを制覇した。ただ、終盤に大失速。勝てば、優勝マジックナンバーが点灯する状況から足踏みを続けた。結局、マジックナンバーを一度も点灯させられないまま、2日の今季最終戦(ヤフオクドーム)で2位オリックスに勝って優勝を決めた。

 秋山監督は2009年、王貞治監督(現球団会長)の後を受け、1軍チーフコーチから昇格。10年にソフトバンク初のリーグ制覇を果たした。11年にはリーグ連覇、日本一を達成している。今季が就任6年目だった。

 チームは15日からヤフオクドームで始まるクライマックスシリーズファイナルステージに出場。勝ち抜けば、25日開幕の日本シリーズに進出する。秋山監督は全日程終了後、ユニホームを脱ぐことになる。

ホークス2014闘いの軌跡 特設ページはこちら

=2014/10/14 西日本新聞=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ