台風でCS順延、タカにも影響“直撃” 対戦相手決定がずれ込み

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(15日開幕)に出場する福岡ソフトバンクが、台風19号の余波をまともに食らった。

 13日のCSファーストステージ第3戦が14日に順延となり、ホークスの対戦相手の決定が開幕前夜までずれ込む事態となった。

 オリックスか、日本ハムか。予定通りなら13日までに相手が決まり、14日は準備に充てるはずだった。

 秋山監督は「しょうがない。両方に対する準備をするしかない」と困惑顔。相手の救援投手を分析するミーティングは、14日に2チーム分を行うことになった。

 ホークスは前週も、同じ台風19号に振り回された。調整のため宮崎で開催中の教育リーグに参加したが、天候不良でわずか1試合しかできずに福岡へ戻った。

 次々と襲い掛かるハプニングを乗り越えて、日本シリーズ出場権をつかむしかない。


=2014/10/14付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ