ホークス、日本シリーズ進出王手 打線つながり完勝

1回無死、右中間スタンドに先制ソロ本塁打を放ち、松中(右)から手洗い祝福を受ける柳田=18日、ヤフオクドーム 拡大

1回無死、右中間スタンドに先制ソロ本塁打を放ち、松中(右)から手洗い祝福を受ける柳田=18日、ヤフオクドーム

 プロ野球のパ・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)第4戦は18日、ヤフオクドームで福岡ソフトバンクホークスと北海道日本ハムファイターズが対戦。ホークスが5-2で勝ち、リーグ優勝による1勝のアドバンテージを含めて3勝2敗となり、日本シリーズ進出まであと1勝とした。

 ホークスは柳田の先頭打者ホームランで先制。いったんは追いつかれたが、2回裏に吉村のタイムリーで勝ち越し。3回裏には2アウトからの連打で満塁のチャンスを作り、松田の2点タイムリーヒットで4―1と引き離した。7回にも足を絡めた攻撃で1点を追加。13安打を放ち、打線がつながった。

 ホークス先発の中田はランナーを出すものの、スライダーの切れがよく、3回には当たっている陽、中田、小谷野から連続三振を奪うなど、5回を投げて2失点と、ゲームをつくった。6回からは岡島、森福、森、五十嵐、サファテとつなぎ、日本ハム打線を抑え込んだ。

 日本ハムは先発の木佐貫が2回しか持たず、打線もクリーンアップの陽が3三振、中田と小谷野がそれぞれ2三振を喫した。

★この試合の写真、90枚超アップ完了

★今季のホークス激闘 特設ページはこちら


=2014/10/18 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ