ホークス逆転負け 20日、決戦に

延長10回2死一、三塁、日本ハム・小谷野を空振り三振に打ち取り、ガッツポーズするサファテ=ヤフオクドーム 拡大

延長10回2死一、三塁、日本ハム・小谷野を空振り三振に打ち取り、ガッツポーズするサファテ=ヤフオクドーム

 福岡ソフトバンクホークスは19日、パ・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制、ヤフオクドーム)第5戦で日本ハムに4-6と逆転負けした。リーグ優勝での1勝のアドバンテージを含めた通算成績は3勝3敗となり、20日のCS最終第6戦で勝つか引き分けると日本シリーズに進出できるが、負けると進出できない。

 序盤に流れをつかんだのは勝つか引き分けで日本シリーズ進出王手をかけて臨んだホークスだった。2回、日本ハム先発の大谷から4点を奪った。

 李大浩、松田が連続ヒット。送りバントをしようとした中村の死球で無死満塁とチャンスを広げた。吉村は死球の後の初球を完璧にとらえ、左翼線に2点タイムリーヒット。シーズン序盤、代打要員ながら高打率を残し、レギュラーをつかみ取った勝負強さを発揮した。

 続いたのは今宮。CSファイナル第2戦の敗戦を決定的にする痛恨のタイムリーエラーをし、打順も定位置だった2番から今日も8番に降格していた。打球が三遊間を抜けたのをスタンドの絶叫ぶりで確認すると、全力疾走していた顔が少し緩んだ。

 しかし、終盤にひっくり返された。ホークス先発のスタンリッジは6回まで零封。継投に入って中田のホームランなどで4点を返され延長戦へ。延長11回、2死満塁から2イニング目に入っていたサファテが、中島卓に2点タイムリーを打たれ、逆転された。

=2014/10/19 西日本新聞=

★今季のホークス激闘 特設ページはこちら

《シリーズ進出をかけた日》試合前→試合中→胴上げ・ビールかけ写真をアップ

PR

PR

注目のテーマ