本多 日本S出場へ“最終テスト” きょうから宮崎で

ヤフオクドーム(左奥)を背に、守備練習に取り組んだ本多 拡大

ヤフオクドーム(左奥)を背に、守備練習に取り組んだ本多

 復活へ短期決戦!! 左手薬指骨折で離脱し、日本シリーズ(25日開幕)出場を目指す本多雄一内野手(29)が21日、みやざきフェニックス・リーグに出場するため宮崎市へ移動した。22日ロッテ戦(SOKKEN)と23日日本ハム戦(サンマリン)にスタメンで出場予定。約2カ月半ぶりの実戦復帰に「何としても日本シリーズに間に合わせたい」と、わずか2試合の“最終テスト”で満点回答を出す。

 小川ヘッドコーチは1軍復帰の条件として「走攻守すべてにおいて本調子に戻らないといけないだろう」と挙げている。本多はリハビリ中も走塁練習は欠かさず、17日に再開したノックで守備の不安も解消。「後は実戦で生きた速い球を打てるか」と宮崎では特に打撃面でのアピールを目指す。この日は西戸崎練習場で約30分間のフリー打撃も行い、体感約140キロの球を打ち込んだ。

 ホークスがCS突破を決めた20日は自宅でテレビ観戦。試合後の胴上げに「何で自分がいないんだろう」と悔しさ交じりだった。ビールかけの誘いも固辞。「CSでは何もしていないから。今度こそ」。日本一の瞬間は歓喜の輪に加わる。 (末継智章)

=2014/10/22付 西日本スポーツ=

《写真170枚超》日本シリーズ進出を決めた日(10.20)

《写真150枚超》リーグ優勝を決め日(10.2)

ホークス激闘の今季を振り返る特設ペー