日本一へ決戦火ぶた ホークス、初戦は黒星

 今季のプロ野球日本一を決めるSMBC日本シリーズ2014は25日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕し、3年ぶりの日本一を狙うパ・リーグ覇者の福岡ソフトバンクが阪神に2-6で敗れ、初戦を落とした。

 ソフトバンクの先発スタンリッジは四回、五回に打ち込まれ、五回途中6失点で降板した。打線は阪神先発のメッセンジャーの前に2点止まり。九回は呉昇桓に抑えられた。

 セ・リーグ2位からクライマックスシリーズを突破した阪神はゴメスの2本の適時打など中軸の集中打で試合の流れを引き寄せた。

 ソフトバンクは今季限りで退任する秋山幸二監督(52)の下、南海、ダイエー時代を含め通算6度目の日本一を目指し、9年ぶりの出場となった阪神は1985年以来29年ぶり2度目の頂点を狙う。

 日本シリーズはどちらかが4勝した時点で終了する。26日の第2戦は同球場で午後6時15分にプレーボール。

=2014/10/26付 西日本新聞朝刊=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ