代打で中安 松中

6回1死満塁、李大浩の中犠飛で生還した三走・松中 拡大

6回1死満塁、李大浩の中犠飛で生還した三走・松中

 松中が2003年以来のシリーズでの安打を放った。0-6の6回、無死から代打で中前打。メッセンジャーの直球をはじき返した。代走は送られず、続く柳田の左翼線への安打で「ライトが目に入った」と二塁でとどまるミスもあったが、1死満塁から李大浩の中犠飛でチーム初得点のホームを踏んだ。「初球から積極的に振っていけたのが良かった。負けたけど切り替えが大事」。前回2011年のシリーズは8打数無安打。一振りにかける40歳のベテランが健在ぶりを証明した。

=2014/10/26付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ