大隣を称賛「素晴らしい」 秋山監督

大隣の背後からポンポンと帽子をはたき、好投をねぎらう秋山監督(右) 拡大

大隣の背後からポンポンと帽子をはたき、好投をねぎらう秋山監督(右)

 秋山監督が先発大隣の好投を称賛した。7回を投げて散発3安打無失点。得点圏へ走者を進めたのは2回の一度だけと、強力阪神打線を手玉に取ったマウンドについて「立ち上がりから自分の投球ができていた。CS(クライマックスシリーズ)も含め、本当に落ち着いた投球。素晴らしい」とうなずいた。リーグ制覇を決めたシーズン最終戦、CS突破へ導いた2度の好投に続く投球は、今シリーズ限りで退任する指揮官を心から喜ばせた。

 打線も今季は交流戦で対戦のなかった先発藤浪に対して、5回2/37安打3失点でKO。5-1と完勝し、対戦成績も2勝1敗と白星を先行させた。勝利監督インタビューでは「うれしいです。甲子園(での対戦)を1勝1敗で終われたのは大きかった。あしたからも一戦一戦積み重ねて、日本一に向かって行きたい」と、大声援を送ってくれた地元ファンに応えた。

=2014/10/29付 西日本スポーツ=

日本シリーズの戦い、撮影した写真を即アップ中

PR

PR

注目のテーマ