金無英 「石直球」が手本

秋季キャンプで守備練習を行う金無英 拡大

秋季キャンプで守備練習を行う金無英

 来季7年目の金無英が「石直球」を手本に真っすぐを磨いている。阪神の守護神として今季39セーブを挙げた同じ韓国出身の呉昇桓の映像をチェックするだけでなく、実際に行っているトレーニングも参考にしているという。「呉昇桓さんみたいな球は投げられないけど、詰まらせる切れのある直球を投げたい」。25試合に登板した今季は2季ぶりの白星を挙げたが、終盤に2軍降格した悔しさをばねに、シーズンを通しての活躍を誓った。

=2014/11/09付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ