松坂 ソフトバンク合意 9年ぶりに日本球界へ 複数年、背番号「18」用意

 福岡ソフトバンクが、米大リーグ、メッツからフリーエージェント(FA)となった松坂大輔投手(34)と入団合意に達したことが23日、分かった。今季の松坂は開幕をマイナーで迎えながら、メジャーで先発9試合を含む34試合に登板し、3勝3敗1セーブの防御率3・89。今季終了後、親しい関係者に「一番先に声を掛けてくれて、自分を一番高く買ってくれるところにいくのがプロ」と話していた。松坂の日本球界復帰は、西武に在籍していた2006年以来、9年ぶりとなる。

 「平成の怪物」と呼ばれた剛腕が日本球界に復帰することになった。FAとなっていた松坂に対し、これまでソフトバンクとDeNAが条件提示を行っていたが、すでにDeNA側には交渉終了の断りを入れており、この日までにソフトバンク入団の意思を固めた。

 ソフトバンクの後藤芳光球団社長は「いい選手。現場と相談しながら必要な戦力を総合的に判断する」とこれまで語っていた。11年6月に手術した右肘の状態も問題ないと判断。チームの課題でもある先発投手陣を整備する上でも欠かせない存在として、複数年契約、さらに西武時代の背番号「18」も用意するなど最大限の誠意を持って、交渉に当たっていた。

 ソフトバンク王貞治球団会長は、06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシックで監督とエースの立場で世界一に輝いた。また、福岡は倫世夫人の故郷という縁もある。工藤公康監督の指揮の下、連続日本一を目指す来季に向け、日米通算164勝のビッグネームが加わる。

=2014/11/24付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ