タカ松坂「期待に応える」 福岡で入団会見

入団会見に臨む松坂大輔投手=5日午後1時、福岡市内のホテル 拡大

入団会見に臨む松坂大輔投手=5日午後1時、福岡市内のホテル

 米大リーグのメッツからプロ野球の福岡ソフトバンクホークスに移籍した松坂大輔投手(34)が5日、福岡市内のホテルで入団会見に臨んだ。西武時代の2006年以来の日本球界復帰となる右腕は「期待に応える自信があるので(日本に)戻る決断をした。世界一を目指しているチームの一つのピースになれたら」と意気込みを語った。

 会見には、松坂が最優秀選手賞を獲得した06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシックで日本代表監督を務めた王貞治球団会長(74)も同席。「投手陣の中心として、必ず頑張っていただけると確信している」と期待した。

 今季終了後にフリーエージェントとなった松坂には日本の複数球団が獲得に動き、ソフトバンクは3年契約の年俸総額12億円プラス出来高払い(金額は推定)と、松坂の西武在籍時の背番号18を用意して迎えた。


=2014/12/05付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ