コミュニケーション心待ち 今宮

 今宮も松坂とのコミュニケーションを待ち望んだ。大分・明豊高で春夏3度の甲子園経験者は「すごい存在。僕にとっては『甲子園』と言えば『松坂大輔』ですから」と告白。「ショートとして話をしていかないといけないし、会話していきたい」。先入観は持たず「キャンプで分かること。(質問は)これからたくさん出てくる」と静かに胸を躍らせていた。

=2014/12/07付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ