工藤監督 都内で恒例の野球教室

軽快な動きで少年たちにお手本を見せる工藤監督 拡大

軽快な動きで少年たちにお手本を見せる工藤監督

 工藤監督はこの日、東京都内でオフ恒例の「チャリティ・キッズ・ベースボール・スクール」に参加した。関東地方の少年野球チームに所属する小学生約130人をプロ現役、OB選手とともに指導。今年が21回目で「体が動く限り続けたい」というライフワークの一部だ。名古屋電気(現・愛工大名電)高時代に取り組んだユニーク投球トレも紹介。意識付けで、カラーバットや発泡スチロールの球を使用した。プロのレベルを考えれば、そのままホークスには持ち込まないが「おいおい練習の道具も考えていけたら」とアイデアは限りない。

=2014/12/08付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ