武道館楽しかった!! HKT48 月イチ活動報告スタート

西スポで月イチ活動報告スタート!さっそく4月の活動を振り返ったHKT48の(左から)穴井千尋、兒玉遥、松岡菜摘 拡大

西スポで月イチ活動報告スタート!さっそく4月の活動を振り返ったHKT48の(左から)穴井千尋、兒玉遥、松岡菜摘

 2011年の冬、福岡市で活動をスタートさせたHKT48。4月27日には日本武道館での単独コンサートも成功させるなど、今もっとも勢いに乗るアイドルグループだ。

 そんな彼女たちの活動を西スポ読者の皆さんに毎月お届けする「HKT48の月イチ活動報告」が、今月からスタートします。第1回に登場するのは、AKB48篠田チームAとの兼任が発表されたばかりのチームHセンター・兒玉遥(16)と、同チームキャプテンの穴井千尋(17)、HKT48が誇る美形ツートップの一角・松岡菜摘(16)。3人が、4月の活動を振り返ります。 (古川泰裕)

 -まず4月5日。3回目のAKB48劇場出張公演から

 兒玉「関東のメディアに出る機会が増えたこともあって、今回はメンバー個人のことを知ってる人が増えたのを実感できて、うれしかったです」

 松岡「『てもでもの涙』の練習中、セリを上げすぎて天井に頭が届きました。今までAKB48劇場で上げたこともないくらいの高さまで上げてくれて。びっくりしました」

 -14日には福岡で写メ会

 松岡「CDデビューしてからほぼ週1で握手会や写メ会があって、ファンのみなさんとの距離がより近くなったような気がします」

 -武道館公演後の29日は、福岡で全国握手会

 穴井「久しぶりに帰ってきて空港で『よう来んしゃったね』って書いてあるの見ると、すごく安心する(笑)」

 松岡「CDデビューから約1カ月たって順番的には遅くなっちゃったんですけど、たくさんの人が来てくれて。なんか温かいって思った」

 -AKB48選抜総選挙の立候補受け付けも

 兒玉「私は悩まず出るって決めました」

 穴井「私も悩みませんでした。最初からHKT48は全員立候補すると思っていました」

 松岡「ちょっと悩みました。でも愛ちゃん(多田愛佳)が『出ない意味がない。損はないから出た方がいいよ』って言ってくれたので」

 -27日は日本武道館単独公演。本番までが大変だった

 兒玉「特に16曲のメドレーが最大の難関で。フォーメーションなど複雑で大変でした。今しかできない経験をさせてもらった。チームの良さも学べましたし」

 穴井「時間も実力もないままやるのは1期も2期も同じだし、もうやるしかないから、全力でやりきることが一番っていう思いで臨みました」

 -本番はどうでしたか

 3人「楽しかった!!」

 穴井「客席いっぱいファンの方がいてペンライトを振ってくれて…苦しかったときもあったけど、頑張って良かった」

 松岡「(苦しかったことなど)全部吹き飛びました。ほぼ無心で、うれしい、楽しいって」

 穴井「1曲目から泣いてる子もいました」

 兒玉「『君のことが好きやけん』で、ちーちゃん(穴井)と目を合わせたら、顔がこんなに(涙をこらえてくしゃくしゃな顔)なってた」

 穴井「ばれた(笑)」

 兒玉「笑っちゃった(笑)。ちーちゃん泣いてると思って」

 穴井「でも、武道館の後はさっしー(指原莉乃)や愛ちゃんとの差をすごく感じたので、追いついていかないといけないと思いました。HKTは一番下のグループだから、成長しなくちゃいけないスピードも速いんですよ」

 兒玉「先輩方が何年もかけて進んできた道を、私たちは実力が追いつかないまま進んじゃってるので、先輩たちと比べられると、まだまだ足りないなって思います」

 穴井「一生懸命、挑戦するHKT48の姿を見て、ファンのみなさんは応援しようって思ってくれてるのかなって思うので、頑張らないと」

 -兒玉さんはチームA兼任に。気持ちの整理は難しいですか

 兒玉「いや、もう整理つきました」

 3人「はやっ」

 兒玉「ポジティブなので(笑)。詳しいことは決まってないですけど、自分にとってもチームにとってもプラスに変えていきたい。すごい先輩方がたくさんいるので、今まで以上に貪欲に吸収してきたいと思ってます」

    ◇      ◇

■地元で凱旋握手会

 日本武道館コンサートを終えたHKT48は、4月29日に地元福岡に凱旋(がいせん)。同日、休む間もなく、福岡市の福岡国際センターでデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」発売に伴う全国握手会を開催した。HKT48劇場支配人との兼任が発表された指原莉乃は東京での活動のため不在だったが、彼女を除く全メンバー38人は、武道館コンサートの疲れも見せず元気なステージパフォーマンスを披露=写真。念願だった地元の握手会で、ファンとの交流を楽しんだ。


=2013/05/21付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ