復活への新球?超スローボール 推定球速80キロ 寺原

キャッチボールをする寺原 拡大

キャッチボールをする寺原

 右膝手術からの復活を目指す寺原が、「超スローボール習得」に乗り出した。西戸崎室内練習場で球団トレーナーとキャッチボールしながら、推定球速80キロのスローボールを織り交ぜた。トレーナーからは「この球速差は絶対に打てない」と太鼓判?を押されるほどの山なりの緩い球。寺原自身は「まだ遊びだから」と笑ったが「腕が緩むな…」とポツリ。課題の緩急を習得するためのヒントを探っていた。

=2014/12/25付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ