工藤ホークス元年 連覇誓う ヤフオクドームで鏡開き

仕事始めで鏡開きをする福岡ソフトバンクホークスの王貞治球団会長(左から2人目)ら球団幹部=6日午前9時50分、福岡市中央区のヤフオクドーム 拡大

仕事始めで鏡開きをする福岡ソフトバンクホークスの王貞治球団会長(左から2人目)ら球団幹部=6日午前9時50分、福岡市中央区のヤフオクドーム

 球団史上初の連続日本一を狙うプロ野球の福岡ソフトバンクホークスは6日、福岡市中央区のヤフオクドームで仕事始め式を行った。恒例の鏡開きでは王貞治球団会長、後藤芳光球団社長兼オーナー代行らが木製バットを手に、社員ら約50人の前で酒だるを抜き、1年の始まりを祝った。

 冒頭で後藤社長が「今年も、チームも最強、ビジネスも最強です。連覇を目指して一丸となって頑張ります」とあいさつ。秋山幸二前監督の退任に伴い、新たに工藤公康監督を迎えた今季。王会長は「適任の人が監督になってくれた」と評価した上で、「打倒ホークスということで、11球団が強い思いを持っていると思う。それ以上の、(2)倍、3倍の準備をして、相手をどんと受け止めるような気持ちでやっていきたい」と決意表明した。


=2015/01/06付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ