ホークス工藤監督が福岡市長訪問 「連覇へ力合わせる」と抱負

 プロ野球福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督が16日午前、福岡市役所に高島宗一郎市長を訪ねた。「連覇できるチームはホークスだけ。選手と力を合わせてやっていきたい」と、球団初の2年連続日本一へ、抱負を語った。

 「お帰りなさい」と迎えた高島市長に、1999年以来となる福岡暮らしの印象を尋ねられた工藤監督は「街の風景がずいぶん変わって、きれいになった」と感慨深げ。今シーズンの戦いに向け、「何よりも(市民のホークスに対する)思いが熱い。その熱さを存分に感じている。野球を見たことがない人にも球場に足を運んでもらい、楽しめる野球をやりたい」と誓った。


=2015/01/16付 西日本新聞夕刊=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ