2度目投球練習 肉離れ回復順調 大場

 昨季2010年以来の未勝利に終わった大場が今年2度目のブルペンに入った。早くも捕手役に座ってもらい30球投げ込んだ。昨年11月の宮崎秋季キャンプで右太もも裏肉離れ。昨年末は足をひきずりながらの歩行がやっとだった。それでも今年に入って約80メートルの遠投を行うと、15日にブルペン入りするなど急速に調整ペースを上げている。まだリハビリ組だが「足に違和感がなく投げられた」と復調に向けて手応えをにじませた。

=2015/01/18付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ