フォーム修正で居残りブルペン 4日間で3度 笠谷

キャッチボールの合間に笑顔を見せる笠谷 拡大

キャッチボールの合間に笑顔を見せる笠谷

 ドラフト4位の笠谷(大分商高)が、投球フォームの修正に取り組んでいる。全体練習後に2日ぶりのブルペン投球。捕手を立たせたまま15球を投げると、居残りブルペンの狙いを「体や足の入れ具合などフォームをいじっているところがあるので、確認のため」と説明した。ここ4日間で休日を含め3度ブルペン入りするなど、精力的に投球練習を行っている。

=2015/01/21付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ