“1ミリ改革”断念 内川

 内川が“1ミリ改革”を断念した。「ヘッドの重さを感じたい」との理由から、今季使用するバットのグリップを昨季のものより「1ミリ細く」したバットを準備。初日の練習から使用したが、手になじまなかったことで、この日から“封印”した。「(自分に合わないと)ストレスを感じてまでやる必要があるのかな、と思いました。自主トレから使っていたら別だったんですけどね」。わずかな感覚を含めて細部まで徹底してこだわる天才打者は、従来通りのタイプで右打者初の8年連続打率3割を目指す。

=2015/02/04付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ