壁に向かい20球 打撃投手へ始動 工藤監督

ブルペンで投手の投球フォームを真剣なまなざしで見詰める工藤監督(右) 拡大

ブルペンで投手の投球フォームを真剣なまなざしで見詰める工藤監督(右)

 工藤監督がフリー打撃登板へ向けて始動した。若手らが練習前に行うアーリーワークを視察すると、室内練習場ではユニホーム姿で壁に向かって約20球を投げた。「バッピ(バッティングピッチャー)ぐらいはできそうだな。2日で(肩が)できると思っていたら、1日でできた。経過を見ます」。通算224勝を誇る左腕の仕上がりは予想以上に早そうだ。

=2015/02/15付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ