工藤監督が投げた 内川相手に89球

監督就任後、初めて打撃投手を務めた工藤監督(左)。右は現役だったダイエーホークス(当時)時代のフォーム 拡大

監督就任後、初めて打撃投手を務めた工藤監督(左)。右は現役だったダイエーホークス(当時)時代のフォーム

 福岡ソフトバンクの工藤公康監督(51)が15日、監督就任後初めて打撃投手を務めた。全体メニュー後の特打で、内川聖一外野手(32)を相手に89球。現役時代と変わらない躍動感あふれるフォームから、制球力抜群の直球に代名詞のカーブも交えて熱投を披露した。

 選手たちに負けず劣らず元気あふれる指揮官が、今キャンプ最多の3万3300人が訪れた生目の杜を大きく盛り上げた。

PR

PR

注目のテーマ