居残りロングティー、ノルマは柵越え50本

ロングティーの途中、笑みを浮かべる柳田 拡大

ロングティーの途中、笑みを浮かべる柳田

 柳田と内川が居残りロングティー打撃で汗を流した。

 柳田は柵越え50本をノルマに設定し、6連続の柵越えでフィニッシュ。「しっかりとスイングができるようになってきた。飛距離も出るようになってきたし、状態は上がっていると思う」。

 内川も柳田に負けじと柵越えを連発したが、こちらは打球の質に納得がいかなかった様子。「同じポイントに、同じようなトスを上げてもらっているのに、打球が右へ行ったり左へ行ったり。まあ、この時期だからまだいいですけど」と不満顔で球場を後にした。

PR

PR

注目のテーマ