久留米市、ホークスと連携協定へ 野球教室などイベント企画

 福岡県久留米市は19日、プロ野球の福岡ソフトバンクホークスと包括連携協定を締結することを明らかにした。同市と隣接する筑後市で球団のファーム(2、3軍)新本拠地の整備が進んでおり、ファンに街をアピールする狙い。ゲーム時やイベントなどの機会に相互を積極的にPRし、情報発信やファン層拡大などを見込んでいる。

 第1弾のイベントは3月15日の「キラリ久留米デー」。協定締結日のこの日、福岡ヤフオクドームで開催される中日ドラゴンズとのオープン戦を、久留米市民は自由席100円で観戦できる(先着千人)。当日は久留米ふるさと特別大使の田中麗奈さんが始球式を務める。久留米の農産物や地場産品を販売する。

 今後は野球教室の開催や、2016年春に開業する久留米シティプラザでのホークス選手によるトークイベントなども想定している。

■鷹ファーム新本拠地、どんな場所?(動画付き)