秋山氏「今後も野球界発展に力を」 熊本県民栄誉賞贈呈式に出席

蒲島郁夫熊本県知事から県民栄誉賞を贈られる秋山幸二氏=23日午後、熊本県庁 拡大

蒲島郁夫熊本県知事から県民栄誉賞を贈られる秋山幸二氏=23日午後、熊本県庁

 福岡ソフトバンクの前監督で、本紙評論家の秋山幸二氏(52)=熊本県氷川町出身=が23日、熊本市中央区の同県庁で行われた県民栄誉賞の贈呈式に出席した。蒲島郁夫知事から「県民にたくさんの夢を与えてくれた。県民の誇り」とたたえられた秋山氏は「これからも野球界を発展させ、日本を元気に明るくする力になりたい」と語った。

 県庁前で行われた記念植樹では「打撃の神様」と呼ばれた元巨人監督、故川上哲治氏=同県人吉市出身=の県民栄誉賞受賞記念植樹の隣に、ツバキを植えた。秋山氏は「光栄です。応援して力を与えてくれたファンに感謝したい」と述べた。

 1981年に熊本・八代高からドラフト外で西武に入団した秋山氏は2002年限りで現役を引退。08年オフにソフトバンク監督に就任し、3度のリーグ優勝、2度の日本一に導き、昨季限りで勇退した。14年には野球殿堂入りした。

PR

PR

注目のテーマ