SB大隣、今季絶望

今季絶望となった大隣投手。手術を受ける左肘にはサポーターを装着している。 拡大

今季絶望となった大隣投手。手術を受ける左肘にはサポーターを装着している。

 福岡ソフトバンクの大隣憲司投手(30)が、来月上旬にも左肘の手術を受けることが17日、分かった。本格的な投球再開まで約3カ月を要すると見られ、ポストシーズンも含めた今季中の復帰は絶望的。昨季の日本一に貢献した左腕を欠いて、チームは2年連続の優勝と日本一を目指すことになった。

PR

PR

注目のテーマ