【速報】松中選手がソフトバンクを退団、現役続行

 プロ野球史上7人目の三冠王となったソフトバンクの松中信彦内野手(41)が29日、ヤフオクドームで記者会見し、今季限りで退団して現役を続ける意向を表明した。2004年のパ・リーグで打率3割5分8厘、44本塁打、120打点をマークし、首位打者、本塁打王、打点王の3冠に輝いた最後の現役選手で「少しでも可能性があるなら、ぼろぼろになるまで、納得するまでやりたい」と語った。

 
 熊本県出身の松中は1997年ドラフト2位で当時ダイエーに入団。強力打線の中核を担い、99年にダイエー初のリーグ制覇、日本一に貢献し、00年と04年にはリーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた。

■西スポプラス=【西スポ紙面】+【プレミアム版】+【HAWKS写真集】 6カ月パック、12カ月パックなら費用もお得で、非売品の特典プレゼントも。こちらからどうぞ

■西スポプラス【HAWKS写真集】松中選手のページ

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ