工藤監督「ポイントゲッターは4番と…」

 ロッテを得意とする中村晃外野手(25)が、指揮官からCSのキーマンに指名された。ロッテ相手に中村晃は、今季カード別最高となる打率3割6分5厘(74打数27安打)をマーク。チームがロッテに対し、同リーグのカード別最低の打率2割4分4厘と苦手としている中、その存在は頼もしい限りだ。
 
 調整が遅れていた柳田の先発復帰にめどが立ち、中村晃は7番での出場が濃厚。工藤監督はその7番の重要性を説いた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ