済々黌・大竹が完封 シード城北も3回戦へ

【真和‐城北】4回裏2死、二盗に成功する城北の相馬(右) 拡大

【真和‐城北】4回裏2死、二盗に成功する城北の相馬(右)

 第95回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は5日目の10日、藤崎台県営野球場(熊本市)と県営八代野球場(八代市)で2回戦6試合があった。3季連続の甲子園出場を狙う済々黌が登場。大会屈指の左腕大竹は、危なげない投球で有明打線を完封した。シード校の城北も快勝。専大玉名、鹿本も8点差以上をつけて初戦を突破した。秀岳館と千原台は、それぞれ熊本農、熊本国府の追い上げを振り切った。


=2013/07/11付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ