大分西コールド勝ち 柳井(大分南)13K完投 鶴城も2回戦へ

 第95回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は5日目の10日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで1回戦3試合があり、大分西、大分南、佐伯鶴城が2回戦に駒を進めた。

 第1試合は、大分西が毎回得点で安心院に今大会初のコールド勝ち。投手戦となった第2試合は、大分南の先発柳井章宏投手が大分東打線から13三振を奪い、1失点完投勝利。第3試合は、佐伯鶴城が終盤の集中打で大分高専を突き放した。


=2013/07/11付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ