八代東 無念の敗退 文徳 コールド勝ち シード校 明暗分かれる

 第95回全国高校野球選手権熊本大会は6日目の11日、藤崎台県営野球場(熊本市)と県営八代野球場(八代市)で2回戦6試合があり、シード校の2チームが登場。文徳は六回コールドで高森を下したが、八代東はルーテル学院に序盤から押され、リードを奪えないまま敗退した。小国、人吉、熊本西、甲佐も初戦を突破し3回戦へ進出。このうち苓洋-小国戦は、七回まで両チームともゼロ行進が続く互角の戦いで、最後までスタンドを沸かせた。


=2013/07/12付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ