情報科学 第1シード 初戦敗退 鶴崎、2試合連続サヨナラ

【情報科学─大分鶴崎】延長11回裏1死二塁、8番小林の中越え二塁打でサヨナラ勝ちし、喜ぶ大分鶴崎ナイン 拡大

【情報科学─大分鶴崎】延長11回裏1死二塁、8番小林の中越え二塁打でサヨナラ勝ちし、喜ぶ大分鶴崎ナイン

 第95回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は6日目の11日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで1回戦1試合と2回戦2試合があり、第1シードの情報科学が初戦の2回戦で大分鶴崎に敗れる波乱があった。大分上野丘が2回戦、大分鶴崎と大分雄城台が3回戦に進んだ。

 第1試合は、大分上野丘が同点で迎えた七回に2点を勝ち越し中津北を下した。第2試合は、大分鶴崎が延長11回に2試合連続のサヨナラ勝ち。第3試合は、大分雄城台が竹田に五回コールド勝ちした。


=2013/07/12付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ