シード育徳館 激戦制す 福大大濠、祐誠4回戦

【春日‐祐誠】6回裏1死二、三塁から5点目を奪う祐誠の萱嶋(手前) 拡大

【春日‐祐誠】6回裏1死二、三塁から5点目を奪う祐誠の萱嶋(手前)

 第95回全国高校野球選手権福岡大会第7日は12日、筑豊緑地、大牟田延命など県内6球場で3回戦12試合があった。北部大会では、シード校の育徳館が延長十二回の激戦の末、光陵にサヨナラ勝ちした。シード校の直方は、希望が丘に13安打を喫して敗れた。南部大会では、今春の九州大会を制し優勝候補に挙げられる久留米商が、福岡工に七回コールド勝ち。西日本短大付と九産大九州も相手を寄せ付けず、コールド勝ちした。シード校の福岡大大濠と祐誠も順当に4回戦に進んだ。


=2013/07/13付 西日本新聞朝刊=

PR