錦江湾が延長制す 宮崎大宮、都城農 コールド勝ち

 第95回全国高校野球選手権宮崎大会は12日、2回戦4試合があった。宮崎大宮、都城農がいずれも七回コールドで3回戦進出。福島は序盤に4点を奪って逃げ切り、延岡星雲は宮崎農に逆転勝ちした。

 鹿児島大会は12日、2回戦6試合があった。錦江湾-松陽は1点を争う展開となり、錦江湾が延長十二回、宮永投手の適時打で1点を勝ち越し、接戦を制した。国分中央は二見投手が7回参考記録ながら無安打無得点試合を達成し、3回戦進出。川内、川内商工、加治木工、鹿屋工も勝ち上がった。


=2013/07/13付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ