戸畑、延長サヨナラ 希望が丘 シード破る

【光陵‐育徳館】11回表、1死三塁、サードゴロで本塁生還を試みる三塁走者を憤死させた育徳館の捕手柏木(右) 拡大

【光陵‐育徳館】11回表、1死三塁、サードゴロで本塁生還を試みる三塁走者を憤死させた育徳館の捕手柏木(右)

 第95回全国高校野球選手権福岡北部大会は7日目の12日、北九州市民球場と筑豊緑地野球場で、3回戦4試合があった。北九州・京築勢は6校が登場し、4校が4回戦へ進んだ。

 育徳館と戸畑はいずれも、延長戦の末にサヨナラ勝ちした。折尾愛真は接戦を制し、希望が丘はシード校の直方を破り、4回戦進出を決めた。

 13日は北九州市民球場と筑豊緑地野球場で、4回戦4試合が行われる予定。


=2013/07/13付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ