有田工、唐津商が8強 早稲田佐賀は初めて

【有田工-佐賀西】7回1死二、三塁から、有田工3番藤川の投前への犠打でホームへ生還する百武 拡大

【有田工-佐賀西】7回1死二、三塁から、有田工3番藤川の投前への犠打でホームへ生還する百武

 第95回全国高校野球選手権佐賀大会は9日目の14日、佐賀市のみどりの森県営球場で3回戦3試合があり、有田工、唐津商、早稲田佐賀が8強入りした。早稲田佐賀は初の8強入り。シードの有田工は主戦古川侑利投手(3年)が打撃でも本塁打を放つ活躍で佐賀西に勝利。同じくシードの唐津商は主戦田中和正投手(3年)が緩急をつけた好投で唐津南を無失点に抑えた。早稲田佐賀は終盤で点差を広げて厳木をくだした。


=2013/07/15付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ