20日から県大会 16強出そろう

【育徳館─折尾愛真】3回表無死、本塁打を放ち笑顔で生還する育徳館の宮元 拡大

【育徳館─折尾愛真】3回表無死、本塁打を放ち笑顔で生還する育徳館の宮元

【福岡大大濠―大牟田】サヨナラ勝ちで県大会出場を決め喜ぶ大牟田ナイン

 第95回全国高校野球選手権福岡大会第9日は14日、北九州市民、春日など県内4球場で4回戦の残り8試合があり、県大会に出場する16強が出そろった。県大会は20日から久留米市野球場で始まり、27日に決勝の予定。

 北部大会では、自由ケ丘、戸畑、東海大五、育徳館が勝ち上がった。南部大会では、今春の九州大会優勝の久留米商をはじめ、大牟田、祐誠、九産大九州が県大会へ名乗りを上げた。

 県大会のほかの日程(予定)は次の通り。20~22日=5回戦▽23、24日=準々決勝▽25日=予備日▽26日=準決勝。


=2013/07/15付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ