鹿児島中央、九回大逆転 鹿実、鹿屋工なども8強

 第95回全国高校野球選手権鹿児島大会は18日、4回戦4試合があった。
 鹿児島中央は吹上に5点をリードされた九回裏、5者連続安打などで一挙6点を挙げ、奇跡の大逆転サヨナラ勝ち。鹿児島実は序盤に3点をリードされたが、八回裏に5点を奪い逆転勝ち。鹿屋工、国分中央も勝ち上がった。これでベスト8が出そろい、19日は準々決勝2試合がある。


=2013/07/19付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ