明豊、最終回に逆転 大分商、大分、上野丘も4強

 第95回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は15日目の20日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで準々決勝4試合があった。大分商、大分、明豊のシード勢と、大分上野丘が勝ち、22日の準決勝に駒を進めた。

 第1試合は、大分商が大分雄城台の先発渡辺大地投手を攻略し、七回コールド勝ち。第2試合も、大分が集中力を発揮し、別府青山に七回コールド勝ちした。第3試合は、1点を追う明豊が九回2死からの逆転打で柳ケ浦との接戦を制した。第4試合は、大分上野丘が1-1で迎えた九回裏、押し出し死球で佐伯鶴城にサヨナラ勝ちした。

 大会は21日が休養日。22日の準決勝は大分商-大分、明豊-大分上野丘の顔合わせとなった。

=2013/07/21付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ