敬愛が4強入り 女子 金鷲旗第3日目

【女子準々決勝・敬愛‐藤枝順心】今(藤枝順心・上)から大外刈りで技ありを奪う飯島(敬愛) 拡大

【女子準々決勝・敬愛‐藤枝順心】今(藤枝順心・上)から大外刈りで技ありを奪う飯島(敬愛)

 平成25(2013)年度金鷲旗高校柔道大会は23日午前、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で女子の5回戦以降と、男子の2回戦の残り試合を行った。女子の九州勢では2連覇を狙う敬愛(福岡)が唯一、4強入りを決めた。ほかは5回戦で沖学園(福岡)、南筑(同)、阿蘇中央(熊本)がいずれも敗退した。優勝候補の一角だった松商学園(長野)も5回戦で涙をのんだ。

 男子の福岡県勢では、嘉穂、南筑、東海大五、福岡工、九州国際大付などが相次いで3回戦進出を決めた。

 23日午後は女子の準決勝と決勝を行い、その後、男子の3回戦と4回戦の一部が行われる。

=2013/07/23 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ