決勝は樟南VS鹿児島実

 第95回全国高校野球選手権鹿児島大会は22日、準決勝2試合があった。樟南は鹿児島情報を5-1で下し、鹿児島実は鹿屋工に9-4で勝ち、決勝に進出した。

 樟南は初回に1点を先制。鹿児島情報の二木投手に6安打に抑え込まれたが、敵失などで着実に点を重ねた。鹿児島実は中盤、鹿屋工に勝ち越しを許したが、終盤に打線が爆発。七回に3点、八回には福永選手がバックスクリーンに飛び込む2点本塁打を放つなど、一挙に5点を挙げ試合を決定づけた。

 決勝は23日午後1時5分から、県立鴨池球場である。樟南が勝てば4年ぶり18回目、鹿児島実が勝てば3年ぶり18回目の甲子園出場となる。

=2013/07/23付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ