九回…場外3ランと会心三塁打 門司学園 南筑 逆転4強

 第95回全国高校野球選手権福岡大会の県大会は23日、久留米市の同市野球場で準々決勝2試合があった。門司学園は九回裏に主砲の片山が劇的な逆転3点本塁打を放ち、福岡工大城東に6‐5でサヨナラ勝ち。28年ぶりの準決勝進出を決めた。ノーシードから勝ち上がった南筑は、南部シードの東福岡を九回に逆転し、7‐5で37年ぶりのベスト4入りを果たした。

 24日は同球場で、自由ケ丘‐東海大五、祐誠‐九産大九州の準々決勝2試合が予定されている。


=2013/07/24付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング