玉竜旗女子が開幕 396チームが25日から熱戦

玉竜旗女子の開会式で選手宣誓する中村学園女子の大西ななみ主将=24日午後、福岡市博多区のマリンメッセ福岡 拡大

玉竜旗女子の開会式で選手宣誓する中村学園女子の大西ななみ主将=24日午後、福岡市博多区のマリンメッセ福岡

 平成25(2013)年度の玉竜旗高校剣道大会が24日開幕し、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で女子の開会式が行われた。25日から熱戦を繰り広げる。決勝は26日。

 女子の大会には全国から396チームが出場。開会式では、前年度優勝した中村学園女子(福岡)の大西ななみ主将(3年)が選手宣誓し、「母校や郷土、家族の期待に応えるべく大会に臨む。不屈のチャレンジ精神で一試合一試合をしなやかに、したたかに戦い抜く覚悟です」と語った。

 優勝争いは、中村学園女子や前年度準優勝の筑紫台(福岡)のほか、守谷(茨城)、東奥義塾(青森)、麗沢瑞浪(岐阜)などが有力。九州勢は3月の全国選抜で3位の大分鶴崎と8強の八代白百合学園(熊本)や、樟南(鹿児島)、玉竜旗で前年度3位の龍谷(佐賀)にも期待がかかる。

 574チームが出場する男子は27日に開幕し、29日に決勝戦がある。

[玉竜旗 動画ページはこちら]

=2013/07/25付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ