「堂々とプレーする」 延岡学園は闘志胸に出発 全国高校野球

宮崎空港であった出発式で決意を述べる延岡学園の坂元亮伍主将 拡大

宮崎空港であった出発式で決意を述べる延岡学園の坂元亮伍主将

 第95回全国高校野球選手権大会に宮崎県代表として出場する延岡学園(延岡市)の野球部が3日、宮崎空港から甲子園に向けて出発した。保護者など約50人が見送りに訪れ、選手たちは熱戦を前にいっそう気を引き締めていた。

 この日はメンバーや補助員、監督ら計40人が出発。同空港であった出発式で坂元亮伍主将は「仲間や県民の思いを胸に堂々とプレーし、一つでも多く校歌が歌えるよう戦う」と決意を述べた。

 また、県高野連の中原正樹会長が「県民の夢実現へ一戦一戦平常心で戦い、感動を宮崎に届けてほしい」と激励。重本浩司監督が「宮崎の代表として恥じないよう一戦必勝で頑張りたい」と応えた。

 同校の夏の甲子園出場は3年ぶり7回目。4日に甲子園で公式練習に臨む。

=2013/08/04付 西日本新聞朝刊=

PR