舞台の感触つかむ 自由ケ丘が甲子園練習

サイレンと同時に元気よくグラウンドへ駆けだす自由ケ丘ナイン=4日午後、甲子園球場 拡大

サイレンと同時に元気よくグラウンドへ駆けだす自由ケ丘ナイン=4日午後、甲子園球場

 8日に開幕する第95回全国高校野球選手権大会に出場する自由ケ丘ナインが4日、兵庫県西宮市の甲子園球場で初練習をした。割り当てられた午後3時半から30分間、各選手が汗を流した。

 この日は打撃練習をせず、シートノックなど守備練習に専念。内野ゴロの併殺プレーや長打に対するクッションボールの処理などに時間を割くなどグラウンドの感触を確かめた。時折ミスをする選手がいたものの、練習を終えた赤嶺琢監督は「硬くならず、いつも通りのプレーをしていた」とうなずいた。

 3日に同校のある北九州市を出発し、関西入りした。野田泰右主将(3年)は「コンディションはいい。早く試合をしたい」と近づく大舞台を見据えた。
 5日に組み合わせ抽選が行われ、対戦相手が決まる。

=2013/08/05付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ