佐実 初戦の相手は樟南に 全国高校野球組み合わせ 「よく知る相手」

初戦に向け、気合いが入る佐世保実の選手=大阪市のフェスティバルホール 拡大

初戦に向け、気合いが入る佐世保実の選手=大阪市のフェスティバルホール

 第95回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が5日、大阪市であり、県代表の佐世保実は12日の第2試合で樟南(鹿児島)と対戦することが決まった。

 九州同士の対決に、佐世保実の清水央彦監督は「九州の他のチームとはもっと上の方で当たりたかった」と複雑な表情。「樟南はよく知っている相手で、うちとしては当たりくじ。低い弾道で飛ばしてくる打撃のチームの印象がある」と話した。6月の練習試合は引き分けだった。

 佐々原拓海主将(3年)は「樟南は2番手の投手でも球が速かった印象がある。投手をどう攻略するかが鍵。試合まで時間があるので、調整をしっかりして、自分たちのやれることをやっていきたい」と意気込みを新たにした。

 樟南の山之口和也監督は佐世保実について「体格がよくて力強いイメージ。ミスからの失点をなくし、守りの野球をしていきたい」と語った。

=2013/08/06付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ