樟南意識 練習に汗 佐世保実 内野守備の動き確認

樟南の機動力を意識して、守備練習に励む佐世保実ナイン 拡大

樟南の機動力を意識して、守備練習に励む佐世保実ナイン

 第95回全国高校野球選手権大会で、第5日の12日に樟南(鹿児島)と対戦する県代表の佐世保実は6日、大阪府羽曳野市の高校グラウンドで約2時間練習に汗を流した。

 樟南の機動力を意識して、内野守備の動きを何度も確認。連係プレーにミスが出ると、清水央彦監督が「カバーが足りない」などと厳しく指導した。練習の最後にはグラウンド横の斜面をダッシュする走り込み。坂を何度も駆け上がった選手たちは汗だくになっていた。

 山田周捕手(3年)は「投手のレベルは樟南よりもうちの方が上。打撃でも十分対応できる相手だと思う。ミスなく自分たちの野球をしたい」と本番に向けて気持ちを高めていた。

=2013/08/07付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ