「みんな気合入った」 熊本工、日程決まり初練習

バッティング練習に励む熊本工ナイン 拡大

バッティング練習に励む熊本工ナイン

 第95回全国高校野球選手権大会で、2日目(9日)に鳥取城北(鳥取)との初戦に臨むことが決まった県代表の熊本工は6日、大阪府羽曳野(はびきの)市の高校グラウンドで約2時間の練習に汗を流した。選手たちは本番でミスをしないように動きを確かめながら、守備とバッティング練習に取り組んだ。

 鳥取城北は右腕と左腕の投手2人が中心の守備型のチーム。林幸義監督は「相手投手が左であれ、右であれ、対策は十分やってきた。あとは本番で結果を出すだけ」と落ち着いた様子。練習後、松下凌磨主将(3年)は「日程が決まった後の初練習でみんな気合が入っていた。体調管理に気をつけて最高の状態で試合に臨みたい」と笑顔を見せた。


=2013/08/07付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ