初戦を前に両監督に聞く 大分商・渡辺監督「守備は投手中心で」 修徳・阿保監督「1点でも多く取る」 全国高校野球

 第95回全国高校野球選手権大会で、大分商は9日、修徳(東東京)との初戦を迎える。対戦を前に、大分商の渡辺正雄監督と修徳の阿保(あぼ)暢彦監督に試合に向けた思いなどを聞いた。

 -相手校の印象は。

 渡辺 総合力の高い攻撃型のチームなので、力勝負を挑んだら勝ち目がない。

 阿保 足を絡めた攻撃で走者をかえすチームという印象だ。

 -どういう試合展開にしたい。

 渡辺 1イニングで大量失点すると、ゲームが崩れてしまう。笠谷俊介投手(2年)を中心にした守備で何とか辛抱していきたい。

 阿保 ピンチでも粘って、1点でも失点を少なくする。攻撃では、東東京大会では好機であまり打てなかった4番の山下竜治選手(3年)に頑張ってもらい、1点でも多く得点できるようにしたい。

 -どんな気持ちで試合に臨むか。

 渡辺 甲子園という独特の舞台で舞い上がってしまえば勝負を失ってしまう。平常心を保って戦えるようにしたい。

 阿保 あまり気負わずに、普段通りの野球をやっていきたい。


=2013/08/08付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ